HOME>トピックス>外壁のヒビのリスクを知って正しいメンテナンスを

目次

紫外線の強い地域は外壁のヒビに注意

京都は夏場の気温が高いエリアとしても知られています。常に雨風や紫外線を受ける建物の外壁は、ヒビや割れ目が生じやすくなります。特に京都は気温も高く紫外線が強いために、外壁のヒビに関しては注意が必要です。日当たりの良い建物が、洗濯物などは乾きやすいですが同時に外壁も乾燥しやすくなります。大切なマイホームのメンテナンスとして、ヒビや割れ目が生じたときは早めに外壁塗装をしてヒビを塞ぐ必要があります。

なぜ外壁のヒビは放置しておくとダメなのか

外壁にヒビが入ると、そこから雨水が建物内に侵入します。雨水は建物の柱や土台に溜まり、湿気を含んで腐敗していきます。その結果、建物を支えることができなくなり、建具が閉まらなくなるなどのトラブルが生じるのです。最悪の場合、家としての機能が失われてしまいます。外壁塗装によりヒビは塞がり、柱や土台が乾きます。外壁のヒビを見つけたときは、京都の業者に早めに相談しましょう。

部屋の黒カビ発生も要注意

外壁のヒビから入った雨水により建物内の湿気が増えると、部屋に黒カビが発生します。黒カビは住人の健康を脅かす恐ろしい存在です。喘息やアレルギー症状、肌荒れなどを引き起こすのです。住人が健やかに暮らすためにも、外壁のヒビを塞いで雨の侵入を食い止めなければなりません。そのために外壁塗装は欠かせない工事です。家族の健康を守るためにも、外壁のメンテナンスは京都の業者に依頼したいものです。

防水や断熱効果のある塗料選びを

外壁塗料は、壁のヒビを塞ぐだけでなく防水や撥水、そして断熱効果もあります。夏の気温が高い京都では、建物内の温度も上がります。しかしながら断熱効果のある塗料を施すことで、屋内の温度が幾分低くなるのです。外壁塗装の際には、その建物に合った塗料選びをすることも重要です。京都の業者を選ぶ際には、塗料選びに関しても親切に良きアドバイスをしてくれる良心的な業者を選ぶようにしましょう。

広告募集中